着物っていいなあ、着てみたい…

そう思った時が

 

その時です

 

 

あなたが着たいのはどんな場面ですか?

お食事?

パーティ?

普段着?

 

あなたの着たい目的に合わせてレッスンします。

 

 

着付けを習って、着られるようになった、よかった?

それだけですか?

 

あなたが着物に惹き付けられている理由がもっとあるかもしれません。

着物を着るとまず何が変化するでしょう。

 

まわりの反応

 

ではないですか?

「お、着物なんですね」

「素敵ですね」

「こちらへどうぞ」

なんてエスコートされたりすることもあります。

レストランではお席に気を遣っていただいたり、ナプキンを余計に用意してくださったこともあります。

特別待遇(笑)

そして自分自身の気持ちもなんだか晴れやかに嬉しくなりますよね。

 

例えば、自分の顔に自信がなくて美容整形し、美しく変化したら気持ちも明るく変化する、性格も変わる

なんていうことを聞きますね。

外面が変わると、いい意味の心の変化、変革が生まれます。

それと同じ効果がある、と思うのです。

着物をまとうと、内面も輝く。

そんな力がある、あなたもそう気づいているのでは?

 

 

そして着物は実は身体にとっても優しいものなんです。

洋服になってゴム生活が普通になってきていますが

着物のように「紐」文化、紐を使っていた時の方が身体が元気だったんですって!

 

今、「ヒモトレ」っていうのもありますね。

おへそのまわりに紐を巻くと凝りや痛みが消えるとか。

あと、たすき掛けで姿勢が良くなるとも言います。

昔の人が普通にやってきていたことが実は身体によかった?!ってことなんですね。

 

着物を着ると草履も履きます。

この「草履」「下駄」も身体にいい効果をもたらすんですよ。

 

 

いろんな効果があるのですが、代表的なものをあげますと・・・

 

「草履」や「下駄」を履くと足の指を使います。

鼻緒をつかむってことです。

私たちは普段、足の指をほとんど使うことがなくなっているので退化しています。

このつかむ行為、とっても大切で、足の指を動かすことで

 

冷えを改善する

 

女性には嬉しいこと。

さらには血行が良くなって脳の働きもよくするのです。

 

他には

締め付けがないので

 

外反母趾が治る

 

これはある方がおっしゃっていたのですが

ヒール生活でひどい外反母趾だったのが、ヒールをやめて草履を履くようになって

3年で治ったそうです。

長年の蓄積の結果が、元の健康状態に戻るってすごいことですね。

本来の、身体に負担をかけない生活ってとても大事なんだと気づきます。

 

 

「着物」は元をたどれば「着るもの」という意味です。

 

巻きつけて着る

 

多少サイズが違っても紐で調整してしまう。

そして畳んでしまう。

 

畳めばただの布っ切れのようになる。

この「畳む」というのも優れた文化だなあと思うのです。

 

「風呂敷」という布も優れものですよね。

包んだり、敷物になったり、手提げになったり。

最後は畳んで布っ切れに戻ってしまう。

 

「布団」もそうです。

布団は畳んでしまえばしまわれて見えなくなってしまう。

ベッドじゃそうはいきません(笑)

 

 

こんなコンパクトで機能的な文化が私たちにはあるんですね。

そのひとつが「着物」。

こういった魅力、文化も私たちの中のDNAに刻まれているような気がしています。

だから着物に惹かれるのかなあ、って。

 

 

着物を着るということは

 

外面も内面も輝く

身体に優しく負担がない

 

そして

日本の優れた文化を受け継いでいく

 

 

着物はあなたの魅力を120%引き出します。

着物姿は周りの人を喜ばせます。

周りが華やぎます。

 

着物を着ることで

自分も周りもハッピーに輝いたら、こんな素敵なことはありません。

 

そんなワンランク上の女性に変身できるのが着物です♡

さあ、一緒に輝きましょう。

着られるようになったらその先のハッピーがあなたを待っています!

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. こんにちは~! お気軽着付け教室K…
  2. こんにちは~! お気軽着付け教室K…
  3. こんにちは~! お気軽着付け教室K…
  4. 【ひとつ持っているといい作り帯】 レッ…
  5. こんにちは~! お気軽着付け教室K…
  6. 着物の肌着と言えば …